>

今こそわかる仮想通貨の光と闇

次世代型仮想通貨に必要なもの

現段階で考えると、仮想通貨はまだまだ実用レベルに達しているとは言えません。
つまり、誰にとっても使いやすいと通貨とは言いがたい状況にあり、汎用性の高い通貨をめざすには超えなくてはならないハードルがいくつかあります。
第一のハードルは、仕組みの不透明性です。
背景がわかりやすい交通系ICなどと違い、仮想通貨のアルゴリズムは世代を経るごとに複雑化をきわめており、相当な専門知識がなければ使いこなせない、というイメージが広がりつつあります。
投機用としてのニーズが高まりすぎたことも、汎用化にむけた大きなハードルとなっています。
仮想通貨がこの先誰にとっても使いやすい決済手段となるためには、まず背景となるアルゴリズムを簡素化し、不正アクセスへの強度をさらに高め、交通系ICと同等かそれ以上の手軽さを一般ユーザーに提案できなければ難しいでしょう。

仮想通貨で本当に稼げるか

仮想通貨をこれから投資の手段として保有しようと考えている方々は、金融商品としての仮想通貨の将来性を慎重に見きわめる必要があります。
現時点での観測から考えると、いわゆるプロのトレーダーとして仮想通貨だけで生計を立てるのはよほどの才覚と運にめぐまれないかぎり難しいといって良いでしょう。
確かに、短期的なスパンで見れば、仮想通貨トレードで一定の利益を得ることは可能かもしれません。
仮想通貨は円や為替以上に値動きが激しく、うまくタイミングを合わせれば1日で数千万という単位のリターンを確定させることも夢ではありません。
ただし、それはつねに価格暴落のリスクと隣り合わせであり、長期的なスパンで考えると損失のほうが確実に上まわってしまうというデータもあるほどです。
仮想通貨をお金と考えず、ハイリスクハイリターンな金融商品としてとらえるのが上手な付き合い方と言えるでしょう。


この記事をシェアする